各業界で人材不足が騒がれている中、IT関連の正社員不足は45%もあるといいます。

転職するならまさに今がチャンスといえるのではないでしょうか?

 

転職

 

正社員不足、企業の45%に=IT関連で深刻―帝国データ調査 Yahoo!JAPANニュース

 

IT関連企業の人材不足は特に深刻…

帝国データバンクは24日、人手不足に関する企業の動向調査結果を発表した。「正社員が不足している」と回答した企業は、2016年7月の調査に比べ7.5ポイント増の45.4%となり、06年5月の調査開始以来の最高を更新した。人材難はIT関連業種などで深刻化しており、企業活動を制約する可能性もある。

 業種別では、ソフト開発など「情報サービス」が9.7ポイント増の69.7%と最も高く、「家電・情報機器小売」や「放送」、「運輸・倉庫」も60%台だった。

 

どういう企業が特に人材不足に?

  引用:キャリアパーク!転職

人手が不足しているのは従業員100~300人以上の企業が多くなります。その割合は半数を超えるほどです。 中小企業の中でも、それなりの規模の方が人手が足りていない現状があります。企業規模的にも働きやすさなどの整備が遅れ、人が集まらないという問題を抱えているのです。

 

世間の人々の反応は?

一見してわかるように、人手不足が特に深刻なのはもともと離職率が高い業種である。いわゆる「ブラック企業」が多い業界だといってもよい。本記事で問題になっているIT業界では、以前から「35歳定年」といわれるほど過酷な職場が多い。
実は、「人手不足」には二つの原因がある。一つは、団塊世代のリタイアに伴うもので、本質的な人員不足。一方で、「過酷すぎて人が集まらない」という問題も併存している。この二つは分けて考えなければならない。
まともな企業では、技能継承なども考えて、前者の問題が深刻化しているが、ブラック企業のようなところでは、そもそもいくら雇っても次々に過労で使い潰し、離職していくのである。
つまり、人手不足はただ人が増えれば解決するのではない。労働環境を改善させなければ、本記事で問題になっているような人手不足は解決しないだろう。

 

以前見た求人
大卒で英語堪能で国際貿易業務の経験者募集!!
時給750円
なめてんのか?能力や経験に見合った正当な賃金すらケチろうとしている会社ばかりじゃないの?
上の例は極端な例だけどね・・・

 

昔はみんな正社員だったよ。
人手が足らないのに、正社員になれない。
何とかして欲しいですね。

 

コスパコスパとうるさく言った経営のなれの果てですね。人材育成にコスパ重視という概念は危険だと思う。

 

安く使い潰す事ばっか考えて人材を雑に軽視してきたツケじゃないの

 

若いのに経験があって、安く使えるスーパーマンなんていません。
そりゃ不足もする。

 

小泉政権時、派遣法改正して、
人材を雇いやすく・クビにしやすくした。
当時はそれで一時的に景気が上昇したけど
そのツケが今来たって感じ。

 

人を軽視した結果。欲しいときに欲しいと言っても遅い。
散々社員で採用はしないで、契約契約で打ち切っていた過去を反省すべき。

 

中高年は嫌、新卒は即戦力じゃなきゃ嫌、教育するのは嫌
安い給料で使えなきゃ嫌、待遇悪くても仕事してくれる人じゃなきゃ嫌
そりゃ不足もしますわ

 

全部派遣や非正規に頼ってきた業種じゃないですか。
出来る事しかやらせずに使い捨ててきたツケが回ってきただけですね。
育成されずに40、50歳となった人が爆発的に増え生産力が落ちています。
今から2、30代の人材を育て始めないと取り返しのつかいないことになりますよ。

 

どう考えても就職難じゃないですね…
よほど企業がハイスペック求めてるの?
それともよほど学生が高望みしてるの?
ある程度の即戦力が欲しいなら、無駄な私立大学は専門学校にしてしまえ。
で、企業側も無駄に大卒求めるな。

 

何を基準で正社員不足なのでしょうか?
若くて即戦力になる人を安月給で雇おうとしてるからでは?

 

企業が欲しいのは都合のいい正社員でしょ
労働者としてはそんなところでは働きたくない

 

不足?
就職氷河期に企業が採用しなかったツケ
あそこが全てのターニングポイントだった
それと小泉政権だな
目先の利益だけ追いかけてりゃそうなるわ

 

正社員を採らなかったんだから、不足するのは当たり前。これからもっと人が少なくなる世の中、そういう会社は衰退していってください。

 

うちの会社は割と希望してくれる人がいるなぁ
結局良い会社に人は集まるよ

 

人材不足の原因は企業側にある?

人材不足の原因は企業側にあるようです。企業の傲慢さが招いた事態であるともいえるでしょう。

安い給料で良い人材を確保しようとしがち。(コスパ重視)

20~30代の若手社員しか採用したがらない。

派遣や契約社員を多用しすぎている。

 

良い企業には自然と人が集まる。

やはり、評判の良い企業や、社員が会社の悪口を言わない企業には人が集まります。社員満足度が高いです。

こういった企業には、自然と優秀な人材も集まり、当然のごとく高給です。社員の人たちも自分の会社に誇りをもっています。

例:トヨタ自動車、Google、Apple Japan、ソフトバンク、楽天、三菱商事 など

 

そもそもなぜ人が集まらないのかを考えていない?

優良企業には、独自の商品・サービス、シェアが高い、知名度が高い、など自社に大きな特徴があります。しかし、人が集まらない企業には特長がないことが多いです。そもそも自社の価値を見出せていない企業が、都合良く人材を確保しようとしていること自体が間違っているのではないでしょうか。なぜ魅力がないのかを、きちんと分析して対策をとらなければ人は集まりません。自社がブラック企業であるという自意識もありません。

 

就職に対する考え方が見直されている?

大企業に勤めている人 ⇒ 定年まで働く。

転職したい人 ⇒ 給料が良い企業に行きたい!

給料に満足しない人、優良企業にいけなかった人 ⇒ 独立・起業に挑戦。

おおよそこういった構図ができつつあります。昔はブラック企業でも我慢して働くという風習がありましたが、今では我慢してでもブラック企業で働かなければならないという人は少ないです。よって、人材不足による中小企業の倒産のリスクは高まりつつあります。

 

倒産のリスクがある?

人材不足の企業は特に、倒産のリスクがあります。なぜ人が集まらないのか?それは企業に魅力がないからです。人が集まらない具体的な理由を考えてみましょう。

●給料が安い。

●離職率が高い。

●仕事が激務。(人が辞めていき、さらに激務となる。)

●平均年齢が高い。(高齢化が進んでいる。部下ができない。)

●応募者が慎重になりすぎている。

(ブラック企業が多いため。インターネットで求人を探しやすくなった。)

●口コミやSNSによる風評。

自身を守るためにも、勤めている会社の分析は必要です。

 

転職するなら、今でしょ!

転職するなら今がチャンスです!

自身のキャリアップについてご検討されてみてはいかがでしょうか?

 

自身のキャリア診断を行うなら!

 

書類選考なしなら!

 

SEエンジニアなら!

 

IT系なら!

  工場へ就職するなら!


  営業職の求人なら!


  看護師なら!