パチンコ店は以前は18200店舗ありました。しかし今は1万店舗を下回り、現在も毎月40店舗が廃業しているという現状。パチンコ店が閉店ラッシュする理由をご紹介します。

 

新規顧客が獲得できない?

パチンコ店で遊戯しているのは長い人生でどっぷりとパチンコに浸かり、もはやそこから抜け出すことのできない高齢者が多いです。酒離れ・車離れ・恋愛離れとお金がかかるもの全てから離れている若者は、当然パチンコから離れています。そのためパチンコ店は新たなカモの獲得に苦戦しており、閉店ラッシュの原因となっています。

 

店長のやる気がない?

パチンコ店が生き残る道としては大手パチンコ店のように出す時にはとことん出して優良店と印象づける以外にはありません。実際はそのような大胆な経営をしてこなかった店舗が、急に経営方針を転換することは難しく、ホームとも相談の上でとことん出す経営に変わったとしても優良店との噂が広まるまでには一定期間かかります。

その間は必ず利益が下がるため、その責任を取らされることを恐れてなかなか方針転換に踏み切れないのが現状です。そもそもパチンコ店の店長はかなり待遇面で優遇されており、設定指示による小遣い稼ぎによりリッチな生活を送っていますので、リスクを取ってまで現状を変えようという店長や幹部は非常に少ないのが現状です。

 

イベントの禁止

新台入れ替えやイベントは店にとって最も効率的な集客方法でした。さらに、新台は高額なものもある上に新台入れ替えが空振りマイナスとなることも多くなってきました。しかも、メーカーの立場が強く言い値で信頼を買わされる上にメーカー側で売れ残った不人気台を購入させられることもあり、店舗に負担がかかっています。

しかし、これらの費用を負担しているのはすべてはお客さんです。それでいて、イベント禁止の規制がなされた現在では、集客することが難しくなってしまいました

 

規制により厳しくなる遊戯環境

いわゆるパチスロ4号機時代のミリオンゴッドやアラジンなどでは、1日の勝ち金額が100万円を超える可能性のある台もあったのに、どんどん出さない方向で規制されています。

投資金額は今までとほぼ変わらないため今日も客は不満が噴出しており、2018年2月から実施予定の規制では、ついに出玉の上限は50,000円とするため絶望的です。万枚が出ることはないでしょう

 

顧客減少のパチンコ業界

パチンコ店は全盛期の半分ほどになりましたが、店舗減少数に比べて遊技機の設置台数はそれほど減ってはいません。大手が大型店を出店し、小規模店舗を潰しにかかっています。1年間で設置台数300台以下の店舗は200店舗以上減りましたが、設置台数1000台以上の店舗は35店舗増えています。しかし、顧客が減少している現在では、大型店舗も閉店していくのはもはや時間の問題です。