田舎でぎりぎりの生活をして細々と暮らす人、東京でお金に困らないけど忙しい日々を過ごす人。

 

時間、お金、家族・・・何かを妥協しながら生活しています。

 

田舎の公務員暮らしと、東京の上場企業暮らし、あなたならどちらを選びますか?

 

実際はそれほど大差ないのかもしれません。

年収400万円田舎の公務員と年収600万円東京の上場企業勤務、どっちがいい?Yahoo!JAPANニュース

出展:離れて気づいた!都会にはない田舎の良いところ10選 | 富士フイルム

 

地方は所得が安い・・・

地方は物価が安く住みやすいですが、給料は東京に比べて低いのが現実です。2014年度の県民経済計算によると、東京の1人あたりの所得は約450万円でしたが、例えば宮崎県は238万円、青森県は240万円と東京の半分近くの水準でした。

 

東京と田舎では、こんなに物価が違う!

東京カンテイがまとめた2017年6月の中古マンション価格は、東京と宮崎では約3倍の差がありました。東京の70平方メートルのマンション価格は約4800万円ですが、同じ広さのマンションを、宮崎県では1605万円で、青森県では1459万円で購入することができます。30年分割で考えた場合(金利は含まない)、1年間に100万円もの差がついてしまいます。

 

東京は物価が高すぎるという点は考えものです。

田舎であれば公務員ならそこそこ裕福な生活を送れますし、マイホームだって建てられます。

 

中高生の、「将来なりたい職業ランキング」に公務員が常に上位ランクインされているのも納得です。

 

世間の人々の反応は?

そりゃ、ギュウギュウ詰めの満員電車に毎日乗って、たまにわけの分からない人に言いがかりを付けられて、何十年も通勤して、高い家賃払って、チョット呑みに行くと直ぐ5,000円は飛ぶ東京よりも、生まれ育った田舎で家賃も安く、運が良いとメチャ安く官舎に入って、幼馴染と楽しく伸び伸びのんびりして暮らす方が、精神衛生面でも遥かに長生きできそうだ。

 

年収だけではわからないことも多い。
東京では通勤ラッシュ等、日々ストレス過多。
一方、地方では通勤ラッシュ等のストレスは東京に比べてかなり少ない。
人間らしい生活を考えると地方の方が良い気がする。

 

地方の物価は思ったほど安くない
不動産を除外すれば郊外が物価面では最も暮らしやすい。特にディスカウントに出あうチャンスが高いから、工夫して安上がりにできる。
田舎も程度が過ぎると売り手の立場が強くなり、あらゆるものが「希望小売価格」になってしまう。

 

>地方は都会よりストレスが少ない
満員電車の通勤ストレスはないが、貧弱な道路に起因するどうしようもない渋滞はある。
地域社会も「濃い」から都市住民の希薄な関係に慣れているとうっとぉしいと思うかもしれない。
そしてもう1つ、地方には無料の「奉仕」がたくさんある(笑)
特に若年層は「お役目」がてぐすね引いて待っているから御注意を!

 

年収400万円田舎の公務員と年収600万円東京の上場企業勤務、仕事のきつさは上場企業勤務の方が少なくとも倍は大変だと思う。大した転勤もない地方の公務員の方がはるかに楽。

 

単純に家賃の問題だと思う。
東京近郊ならワンルームでも10万円近く、地方なら郊外で新築買っても35年ローンなら月6〜7万円でマイホームが手に入る。
その差額で光熱費くらいは丸々補えるもんね。

 

脱サラして長野拠点に起業しました。
田舎は良いと思います。
私は登山やスキーなどアウトドアも好きなので。一年通して遊べます。
土地、物価も安いです。
また夏はとても涼しいです。長野市内は暑いかな…
冬は高気密高断熱の住宅ならヒーター使いません。ウチはヒーターあるけど、真冬も床暖だけです。
不便なところ、不安なところも挙げますと、まず子どもの教育。田舎でのびのびも良いですが、より良い教育を受けさせるには東京の方が選択肢が多かったと思います。大学などの選択肢も限られます。お金に糸目つけなければどこの大学でも入れられますが…
もう一つは医療。老後、体に色々でてきた時、最新の医療を受けられるのも都会の良いところですね。

 

刺激ない地方より東京がいい人もいる

 

年収600万円の上場企業は給料が安いので魅力を感じない

 

新築で、2500万円で家が買える田舎。
中古なら2500万円で家が買える都会。
駐車場代月3000円の田舎。
駐車場代月25000円の都会暮らし。
ただ、田舎は1人1台が普通。
電気は別として、
ガスはプロパンガス
水道もただではない。割と高い生活費かかります。

 

住宅に掛かるコストも高いですが、教育費も東京は高いです。
地方では公立一択の地域が多いですが、東京に住めば私立中学受験という選択肢も想定されます。
年収600万で私立は厳しいですが、二人の子供のうち優秀な子を私立にとか、共稼ぎで教育費を稼ぐとかすれば、何とかなるかと。
良い悪いは別として何事も選択肢が多いのが東京の特徴です。

 

こんな反応がありました。

 

田舎暮らしはストレスが少ない?

基本的に田舎では満員電車はほとんどありません。

ぎゅうぎゅうに人が詰められた満員電車による、

通勤ラッシュによるストレスがありません

田舎は自然が豊富なので、

休日などは海や山で気分転換ができます。

田舎暮らしもいいもんです。

 

地方公務員は転勤による大移動がない!

地方公務員は、大規模な転勤はありません。

東京から青森、青森から宮崎、のような極端な引っ越しをすることはないです。

転勤があると、それに付随する経費はかなりかかりますから

引っ越しはかなり面倒ですし、転勤がない職場はいいです。

 

基本的な生活コストは半分以下?

基本的に、生活コストは田舎の方が圧倒的に安いです。

例えば、家賃。

東京なら10万円ワンルームが相場ですが、青森なら5、6万円が相場です。

下手したら5、6万円で2LDKの部屋も借りることができます。

駐車場も東京なら2万円は軽く超えますが、地方なら5千円以下です。

 

田舎暮らしは注目されている?

今、各自治体ではUターンIターン戦略

あるキーワードを掲げています。

それは、「移住」や「定住」です。

地方自治体では、「ふるさと納税」と、「都市部からの人材確保」に力を入れています。

しかし、実際はそれほど政策が上手くいってません。

地方公務員以外は、基本給が安い企業がほとんどだからです。

都市部企業からのテレワークがもっと増えれば、地方に移住してもいい、という方が増えると期待しています。

アベノミクス次第でしょうか・・・